2012年02月07日

玉川温泉〔2〕宇宙からのサイン


湯船の中で麗しき美声(
BM)を聞きながら、1年ぶりの玉川の湯を満喫していると、ふと昨年のことが思い出されてきました。

そもそもあの“一件”がなかったら、自分はここに来ることはなかったかもしれない。

今振り返ってみても本当に不思議な“偶然の連続”…。


私は年に
1“1週間断食
をする習慣があります。

でも仕事しながらは、きつい
。やるなら長期休暇のタイミング。

私の場合、それは年末年始だけ。

なので、数年前から
断食
が正月の恒例行事。

自宅でやるのはいろいろな意味でむつかしいので、たいていは温泉地で


2
年前の冬、ふと思い立つものがありまして。

   「今年は近場の温泉ではなく、ふだん行けない遠方に行ってみるか。
    飛行機はさすがに高いから、新幹線で
3時間以内


    となると、東北だ!行ってみたいところはたくさんある。
    玉川、乳頭、酸ヶ湯、銀山、高湯
etc…
。 どこにしようかな?」

みたいな思いを巡らせつつも、忙しくて具体的なアクションをおこせないまま迎えた
12
月のある日のこと。

待合室の掃除中、誤って一冊の本を落としてしまったんです。

022.jpg

                      (当院の待合室はライブラリー仕様)

見開いた状態で床につっぷしている本を拾い上げると、私の眼に映ったのは
玉川温泉
の文字。

019.jpg

ちょうど開かれていた紙面が玉川温泉の紹介ページだったんです。

その翌日、ある患者さんとの会話中、玉川温泉での湯治体験を聞かされました。

そしてその数日後、お蕎麦屋さんに入った時、テーブルの脇に置いてあった雑誌を眺めていたら、玉川温泉の特集記事が。

ザ・シークレットザ・パワーといった本の影響で、「引き寄せの法則を知っている」という方もいらっしゃると思いますが、それを幾度となく体現、体感し続けている私にとって、こうした現象を単なる偶然で済ませることはあり得ないわけで


どう考えてもこれは宇宙からのサイン!

よーし!行き先は決まった!

ということで、昨年の正月、ついに温泉マニア垂涎の湯を初体験することに。

そして今年(
H24
年)もまた来ちゃいました。

癒しの効能あふれる源泉かけ流しの湯。

広い浴室内に響く
BM


いやあ、温泉ってホントにいいもんですね。






  


ラベル:読書 断食 温泉
posted by 三上敦士 at 16:37| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。