2012年12月23日

Voices of the UNIVERSE


職場(治療院)に移り住んで、早や2カ月が経とうとしています。

以前住んでいた場所は、駅から遠く離れた住宅地
でした。

農地を区画整理した名残りなのか
雑木林や畑がいたるところに…。

静かな環境は、それなりに気に入っていたんですが、

通勤、買い物、銀行その他あらゆる行動に、

バス、もしくはマイカーが必須…。


と・こ・ろ・が、

今の住まいは、

大宮駅にも、さいたま新都心駅にも、自転車で3〜4分。

買い物は自転車で、高島屋、そごう、丸井、ルミネ、ハンズ、ロフトへ。

大宮の歓楽街(通称“南銀”)に至っては、徒歩数分の距離。

南銀で飲んで、歩いて帰宅!

夢のような生活。

しかも、目の前は氷川参道。

木々に覆われた森閑とした佇まい。

sintosin17.jpg

緑豊かな自然環境と都市生活の融合が

ここにはあります。


昨日も、さいたま新都心のイルミネーションを見に行ってきました。

家内と2人、チャリンコで。

sintosin7.jpg

sintosin8.jpg

思ってたより、華やか〜!

sintosin15.jpg

上はXmasコンサートの会場。

sintosin9.jpg

わおっ!色が…。

sintosin10.jpg

次々に

sintosin13.jpg

変わってく。

とんがり星のほうは風船になっていて、

こどもたちが抱きついたりして遊んでました。

こうして、子供たちの中に、光の記憶が…。

きっと、いい思い出になるんでしょうね。




さてさて、

マヤ歴騒動も落ち着いて、今年も残すところわずかとなりました。

皆さんにとって、今年はどんな1年でしたか?

私は…、…、

間違いなく、人生のターニングポイントでした。


宇宙から舞い降りたインスピレーション。

Voices of the universe『痛み記憶の再生(感覚統御不全)』

医学の歴史を塗り替える発見?


痛みを感じれば、ほとんどの人は肉体の次元で「何か問題が…」と考える。

病院に行けば、「筋肉が、骨が…、軟骨が…、神経が…、椎間板が…」と、

いかにももっともらしい説明を受ける。

レントゲン や MRI で、 “へこんだ” 画像を見せつけられる。

(しかし、そうした画像上の変化は
正常人にも多数見つかる変化” であることを、
ほとんどの患者は知らない)

かくして、病院に洗脳された無垢なる世人−呪いをかけられた人々−は

自らの身体の中に爆弾を抱えたような気分になって帰宅する。

当然不安になるし、場合によっては恐怖心、嫌悪感も。

そうした不安感が、また痛みを強くする。

そんな悪循環。


慢性痛のために人生そのものがバッド(下向き矢印)

という人を、私は数え切れないほど見てきました。

でも、脳内の「感覚統御システム」を知ることで、

痛みのなかには、
『肉体と無関係の脳活動−痛み記憶の再生−がある』

ということが理解できれば、

どれだけ多くの人々が救われることか!

この概念が広まれば、

痛みに苦しむ世界中の人たちを助けることができる!

痛みの呪縛から解き放つことができる!



けれども

こんな概念を「すんなり受け入れられる」という人は

世の中にどれくらい、いるでしょう?

もし、私が患者だったら、

「はあ…、なるほど、そういうものなんですね」

と、思える?

う〜ん…、 どうでしょう?



むつかしすぎます。いろんな意味で…。



今、私がしていること、これからやろうとしていること。

そこには二つの困難があります。

一つ目は、その中身が “従来の概念にない話” だということ。

既存の常識にない言説を受容する人は、いつの時代でも少数派。

二つ目は、話の次元が自らの立ち位置(コメディカル)−領分−を超えた、

脳科学の領域だということ。

情報の発信者が、脳科学者ではなく、ましてや医師でもなければ、学者でもない、

信用、信頼という文言からは、程遠い人物。



己をわきまえない行状、振る舞い。

無謀、暴挙、愚挙、阿呆?

理解されないのは、理屈として分かります。当然の帰結です。

でも、

…。

親の嘆き…「もっと、ふつーな生き方があるでしょうに。
なんで、そーゆー“道”を選ぶの?
あなたの中の何がそうさせるの?
無理のきく身体じゃないのに…」

母親の気持ちも痛いほど分かります。

たしかに、むかし(青年期)は理想だけを追いかけていた時期

厚顔無恥のエッセイに当時の心境が…−

もありました。

でも、少なくとも今は、理想と現実のあいだを行き来する術も、

苦み、渋み、酸っぱさを味わう嗜好も、

諦観のなかにも、小さな幸せを見いだす慧眼も、

それなりに身につけたつもりです。


それなのに、

いまだに現実世界を生きる力が…。

たとえ、それが宇宙から授かった使命だとしても、

それが必然で、それを乗り越える人生を、自らが選んでいるとしても、

世界は何も変わらない、沈黙の静止画像…。


眼前の景色がどうであれ、

最後まで信じ切る力、強い気持ち、ぶれない勇気を…。




そんなとき、宇宙から届いたメッセージ。

FACE BOOKでの、懐かしい知己朋友との再会。

小中学校の同級生、大学時代の仲間、バイト繋がりの親友

記憶のゆりもどし。

童心のよみがえり。

あり得ないようなシンクロニシティの連続。

自分を励ますかのように…。



そして、もうひとつ。

ナチスの強制収容所での地獄のような日々から生還した精神科医

“V..フランクル”博士の言辞。

極限状況を乗り越えた博士の言葉に感動し、

生きる喜びと勇気をもらうことができました。


「人間だれしもアウシュピッツ(苦悩)を持っている。

しかしあなたが人生に絶望しても、人生はあなたに絶望していない。

あなたを待っている誰かや何かがある限り、

あなたは生き延びることができるし、自己実現できる」

by ヴィクトール・エミール・フランクル



sintosin6.jpg




皆さん、良いお年をお迎えください。


























posted by 三上敦士 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。